ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/10/20 (Thu)

蛋白構造生物学教室の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループが、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を解明

東京大学大学院薬学系研究科の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループは、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を世界で初めて明らかにしました。
 
原著論文
雑誌名:Immunity
論文タイトル:Structural analysis reveals that Toll-like receptor 7 is a dual receptor for guanosine and single-stranded RNA
著者:張志寛*、大戸梅治*、柴田琢磨、クラユヒナエレナ、田岡万悟、山内芳雄、丹治裕美、礒邉俊明、内山進、三宅健介、清水敏之†  (*共同筆頭著者、†責任著者)
DOI番号:10.1016/j.immuni.2016.09.011
論文へのリンクはこちら
http://www.cell.com/immunity/fulltext/S1074-7613(16)30380-6
 
細菌やウイルスなどの病原体に対する感染防御機構として、自然免疫機構が備わっており、TLR受容体が主にその役割を担っています。TLR7はTLR受容体の1つで、ウイルス由来の一本鎖RNAまたは合成低分子リガンドを感知することで、インターフェロンなどの産生を促します。そのためTLR7は、抗ウイルス薬、ワクチン、抗がん剤などのターゲットとして注目されていましたが、リガンドを感知する具体的な機構は不明でした。
研究グループは、TLR7が、一本鎖RNA(polyU)と2種類の低分子リガンド(グアノシン、loxoribine)のいずれか、あるいは低分子リガンドR848に結合した複合体の立体構造を明らかにしました。その結果、TLR7はそれぞれのリガンドと2 : 2(または2 : 2 : 2)の複合体を形成することで、活性化型の2量体となることが明らかになりました。グアノシン、loxoribineおよびR848などの低分子リガンドは2量体の界面に位置する第1結合部位に、polyU一本鎖RNAはTLR7のリング型構造の凹面の第2結合部位に位置していました。構造解析と生化学的実験の結果、TLR7はこれらの2種類のリガンドによって協調的に活性化されることが明らかになりました。
これらの知見は、ワクチンアジュバントの開発やウイルス感染やアレルギーなどの治療薬の設計につながることが期待されます。

プレスリリースはこちら
 

前の記事へ 次の記事へ

2017/08/16 (Wed) 「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-new
2017/08/02 (Wed) 免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明
2017/08/01 (Tue) 天然物化学教室の森貴裕助教、阿部郁朗教授らが、糸状菌二次代謝産物の複雑骨格生合成に関わる新規異性化酵素の構造解析に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・井上将行教授が、スイス化学会レクチャーシップ賞を受賞
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24 (Wed) 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP