ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/01/04 (Wed)

宮沢英延元特任研究員、山口良文准教授、三浦正幸教授らがマウスの胚発生中期に生じるグルコース代謝経路の再編成様式を解明

遺伝学教室の宮沢英延元特任研究員、山口良文准教授、三浦正幸教授らは、質量分析技術を用いた代謝産物プロファイリングにより、マウス胎盤形成期前後に生じる胚でのグルコース代謝経路の再編成を明らかにしました。
 
(原著論文):Rewiring of embryonic glucose metabolism via suppression of PFK-1 and aldolase during mouse chorioallantoic branching.
Hidenobu Miyazawa, Yoshifumi Yamaguchi*, Yuki Sugiura, Kurara Honda, Koki Kondo, Fumio Matsuda, Takehiro Yamamoto, Makoto Suematsu, and Masayuki Miura*
Development (2017) 144, 63-73 doi:10.1242/dev.138545
(Development誌のハイライトで紹介されています)
 
マウス胚発生において胎盤形成期から胎児の劇的な成長と様々な組織での細胞分化が盛んになります。また母体と胚との間のガスや栄養供給形式が大きく変化し、エネルギー代謝にも影響があると予想されます。マウスの胎盤形成期(胎生8.5–10.5日)に生じる代謝産物プロファイルの変化を網羅的に解析(メタボローム解析)した結果、胚のグルコース代謝経路が再編成される様式が明らかになりました。具体的には、この時期に解糖系代謝酵素であるPFK-1およびAldolaseの活性が全身性に抑制され、その下流の代謝産物量が大幅に減少する一方で、解糖系経路から分岐し、核酸合成や細胞の酸化還元状態の維持に重要な役割を果たすペントースリン酸経路を迂回して代謝されるグルコースが増加することが明らかとなりました。また質量分析法を用いた分子イメージング技術を用いることで、胚体内における代謝産物の空間分布の可視化にも成功し、解糖系代謝産物である乳酸の分布が神経管周辺で高いことも明らかになりました。遺伝学的手法により、上記グルコース代謝経路の再編成を乱すと、胚が出生直後に致死にいたったことから、胎盤形成期に生じるグルコース代謝経路の再編成が個体の生存に重要な役割を担う可能性も示唆されました。母体糖尿病に伴う高グルコースなど、細胞の代謝状態を撹乱するような因子に胎児がさらされると胎盤形成期に進行する神経管閉鎖過程等に異常を示します。本研究はそのような非遺伝学的要因により引き起こされる先天異常の発症機構解明にも役立つと期待されます。
 
プレスリリースはこちら

前の記事へ 次の記事へ

2017/12/14 (Thu) 機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授らが、γセクレターゼの活性化に関わる構造変化を世界で初めて解明new
2017/12/13 (Wed) 基礎有機化学教室の内山真伸教授が、JT の金澤純一朗研究員(本学卒業生)らのグループと共同で、創薬化学における生物学的等価体 (bioisostere) として近年注目を集めるビシクロ [1.1.1] ペンタンへの非対称二置換導入法を開発new
2017/11/30 (Thu) 有機反応化学教室の 長友 優典 助教が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/28 (Tue) 有機合成化学教室の 生長 幸之助 講師が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/27 (Mon) 基礎有機化学教室の 王 超 助教が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/24 (Fri) 基礎有機化学教室の平野 圭一助教が Thieme Chemistry Journal Award 2018 を受賞しました
2017/11/24 (Fri) 基礎有機化学教室の平野 圭一助教が MSD 生命科学財団 Chemist Award 2017 を受賞しました
2017/11/22 (Wed) 分子薬物動態学教室の林久允助教らが、こどもの肝臓難病の早期診断・治療を可能にする新たな診断法を開発
2017/11/22 (Wed) 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、合成生物学の手法によるステロイド抗生物質の微生物生産系の構築に成功
2017/11/21 (Tue) 東京大学大学院薬学系研究科の丹治裕美大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループはコロラド大学および精華大学のグループと共同で、ウィルスや自己由来のRNAを感知して免疫系を活性化するTLR8タンパク質が阻害剤によって活性化が抑制される機構を、世界で初めて解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP