ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/01/30 (Mon)

薬品作用学教室の高夢璇大学院生、池谷裕二教授らが、人工知能を用いて薬物の副作用を予測することに成功

 薬品作用学教室の高夢璇大学院生、池谷裕二教授らの研究グループは、ヒトでの薬物のけいれん誘発作用をマウス脳スライスの実験データ画像から予測することに成功しました。本研究成果は、Journal of Pharmacological Sciences誌(1月28日オンライン版)に掲載されました。
 
 医薬品の研究開発では、ヒトを対象とする臨床試験の前段階として、前臨床試験による安全性の確認が行われていますが、この段階で中枢神経系に対する副作用を予測することは困難です。ヒトにおいてけいれんを誘発する副作用が報告されている薬物は、特徴的なけいれん様発射を引き起こすことがわかっています。しかし、この変化は視認することは容易でも、古典的な数学によって定義し、正確に解析することは困難でした。そこで、研究グループは、マウス脳スライス標本に、さまざまな作用機序を持つ薬物を適用し、神経活動の様子を画像ファイルに変換してディープラーニングに判別させることで、観察された変化がけいれんを誘発する副作用と一致するかを比較しました。その結果、調べた16種の薬物すべてについて、副作用の有無を正確に予測できることがわかりました。
 
雑誌:Journal of Pharmacological Sciences(1月28日版 日本薬理学雑誌)
題目:Machine learning-based prediction of adverse drug effects: an example of seizure-inducing compounds
(機械学習を用いた薬物副作用の予測:けいれん誘発化合物の例)
著者:Mengxuan Gao, Hideyoshi Igata, Aoi Takeuchi, Kaoru Sato, Yuji Ikegaya
(高 夢璇、井形 秀吉、竹内 碧、佐藤 薫、池谷 裕二)
DOI番号:10.1016/j.jphs.2017.01.003
アブストラクトURL:http://dx.doi.org/10.1016/j.jphs.2017.01.003
 
 この実験系は薬品開発の前臨床段階において、動物試験の代わりに、化合物のけいれん誘発作用を精度よく予測できる手法の一つとなりえます。また、本研究で用いられた画像認識のモデルは、おそらく多くの一般的な実験データ解析にも応用できると考えています。人工知能を用いたデータ解析は、自動化・高速化のみならず、人為バイアスのかからない高確度化・高精度化を実現するものと期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2018/04/16 (Mon) 平成29年度 薬学教育評価の評価結果についてnew
2018/04/11 (Wed) 薬品代謝化学教室・小松徹特任助教、有機合成化学教室・相馬洋平グループリーダー(講師相当)が、平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞new
2018/04/06 (Fri) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授らが、微生物のDNAを感知する自然免疫受容体Toll様受容体9(TLR9)が2種類のDNAによって活性化する機構を解明new
2018/03/29 (Thu) 小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らが、食物栄養由来のアミノ酸代謝物SAMが腸組織の恒常性に寄与することを発見
2018/03/23 (Fri) 井上将行教授(有機反応化学教室)が、読売テクノ・フォーラム ゴールド・メダル賞を受賞
2018/03/18 (Sun) 有機合成化学教室と機能病態学教室が共同で脳内のアミロイドβ量を減少させる光触媒を開発
2018/03/14 (Wed) 細胞情報学教室の渡邊謙吾特任助教らが細胞の浸透圧ストレス応答における変換システムを発見
2018/03/13 (Tue) 長野哲雄名誉教授が日本学士院賞を受賞
2018/02/09 (Fri) 薬品作用学教室の乘本裕明大学院生、池谷裕二教授らが睡眠中に脳回路がクールダウンされる仕組みを解明
2018/01/21 (Sun) 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教らが作業記憶(ワーキングメモリ)の脳メカニズムを解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP