ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/08/02 (Wed)

免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明

免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らの研究グループは、制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを明らかにしました。本研究成果は2017年8月1日付でImmunity(オンライン版)に掲載されました。
 
原著論文
 “Analyses of a mutant Foxp3 allele reveal BATF as a critical transcription factor in the differentiation and accumulation of tissue regulatory T cells”
Norihito Hayatsu, Takahisa Miyao, Masashi Tachibana, Ryuichi Murakami, Akihiko Kimura, Takako Kato, Eiryo Kawakami, Takaho A. Endo, Ruka Setoguchi, Hiroshi Watarai, Takeshi Nishikawa, Takuwa Yasuda, Hisahiro Yoshida, Shohei Hori
Immunity, doi: 10.1016/j.immuni.2017.07.008
論文へのリンクはこちら
http://www.cell.com/immunity/fulltext/S1074-7613(17)30315-1
 
免疫応答を抑制する機能を持つTreg細胞は、自己免疫疾患や炎症性疾患、アレルギー疾患などの発症を防ぐ重要な役割を担っています。2003年に堀教授らは、転写因子Foxp3がTreg細胞の発生・分化と機能を制御する“マスター転写因子”として働くことを発見しましたが、Foxp3がTreg細胞の働きを制御するメカニズムには多くの謎が残されていました。
今回、研究グループはヒト自己免疫疾患IPEX症候群において見つかっているFoxp3変異に着目し、変異を導入した遺伝子改変マウスを作製して変異がFoxp3の機能とTreg細胞に与える影響を調べました。その結果、A384T変異体(384番目のアラニンがスレオニンに置換された変異体)が、皮膚や肺などの特定の非リンパ組織におけるTreg細胞の機能を選択的に障害することにより自己免疫疾患を引き起こすことを明らかにしました。さらに、この組織におけるTreg細胞の機能異常の一因はA384T変異体による転写因子BATFの発現抑制であることが分かりました。
今回の成果は、Tregによる免疫抑制メカニズムの一端を明らかにするものであり、自己免疫疾患、炎症性疾患、アレルギー疾患、がんなどの発症メカニズムの解明と新しい治療法の開発に貢献するものと期待されます。
 
プレスリリースはこちら
http://www.riken.jp/pr/press/2017/20170802_1/
 


前の記事へ 次の記事へ

2017/12/14 (Thu) 機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授らが、γセクレターゼの活性化に関わる構造変化を世界で初めて解明new
2017/12/13 (Wed) 基礎有機化学教室の内山真伸教授が、JT の金澤純一朗研究員(本学卒業生)らのグループと共同で、創薬化学における生物学的等価体 (bioisostere) として近年注目を集めるビシクロ [1.1.1] ペンタンへの非対称二置換導入法を開発new
2017/11/30 (Thu) 有機反応化学教室の 長友 優典 助教が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/28 (Tue) 有機合成化学教室の 生長 幸之助 講師が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/27 (Mon) 基礎有機化学教室の 王 超 助教が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/24 (Fri) 基礎有機化学教室の平野 圭一助教が Thieme Chemistry Journal Award 2018 を受賞しました
2017/11/24 (Fri) 基礎有機化学教室の平野 圭一助教が MSD 生命科学財団 Chemist Award 2017 を受賞しました
2017/11/22 (Wed) 分子薬物動態学教室の林久允助教らが、こどもの肝臓難病の早期診断・治療を可能にする新たな診断法を開発
2017/11/22 (Wed) 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、合成生物学の手法によるステロイド抗生物質の微生物生産系の構築に成功
2017/11/21 (Tue) 東京大学大学院薬学系研究科の丹治裕美大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループはコロラド大学および精華大学のグループと共同で、ウィルスや自己由来のRNAを感知して免疫系を活性化するTLR8タンパク質が阻害剤によって活性化が抑制される機構を、世界で初めて解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP