ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/08/16 (Wed)

「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-

新潟大学大学院医歯学総合研究科・超域学術院の日比野 浩 教授および緒方 元気 助教らと慶應義塾大学理工学部の栄長 泰明 教授らの合同研究チームは、針状の「ダイヤモンド電極センサー」を用いた薬物モニターシステムを開発しました。そして、東京大学大学院薬学系研究科の楠原 洋之 教授、同工学系研究科の高井 まどか 教授のチームと共に、生きた動物の脳や内耳において、極めて狭い空間(1ミリ以下)でのさまざまな「薬」の振る舞いとその作用を、リアルタイム計測することに世界で初めて成功しました。この成果は、8月10日に科学雑誌Nature Biomedical Engineering(2017年1月創刊:採択率6%以下)のオンライン版に掲載されています。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201708101437411261455779_107749.pdf
Nature Biomedical Engineering:https://www.nature.com/articles/s41551-017-0118-5
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST):http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170810/
日本経済新聞社:http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP453490_X00C17A8000000/
 


前の記事へ 次の記事へ

2017/01/30 (Mon) 薬品作用学教室の高夢璇大学院生、池谷裕二教授らが、人工知能を用いて薬物の副作用を予測することに成功
2017/01/27 (Fri) 天然物化学教室の張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、自然界で多様なポリケタイド化合物が生み出される遺伝子進化のメカニズムを解明
2017/01/18 (Wed) 有機反応化学教室の川俣貴裕大学院生、長友優典助教、井上将行教授が、高度に酸素官能基化された複雑天然物ザラゴジン酸Cの全合成に成功
2017/01/07 (Sat) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、井上研究奨励賞に選ばれる
2017/01/04 (Wed) 宮沢英延元特任研究員、山口良文准教授、三浦正幸教授らがマウスの胚発生中期に生じるグルコース代謝経路の再編成様式を解明
2016/11/01 (Tue) 有機反応化学教室の枡田健吾博士、長友優典助教、井上将行教授が、自然界に豊富に存在する糖類の直接的な連結法を開発
2016/10/20 (Thu) 蛋白構造生物学教室の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループが、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を解明
2016/10/01 (Sat) 基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発
2016/10/01 (Sat) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師らが、リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindoleの同定に成功
2016/08/19 (Fri) 有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP