ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/09/10 (Sun)

低温ストレスによる細胞障害のメカニズムを解明

細胞情報学教室の服部一輝助教、石川広幸元大学院生、一條秀憲教授らの研究グループは、ASK1–p38というタンパク質のシグナル伝達経路が低温ストレス下で活性化され、フェロトーシスという種類の細胞死を導くことを明らかにしました。本研究成果は、EMBO Reports誌(9月8日オンライン版)に掲載されました。
 
<研究の背景>
 我々の体を構成している細胞は、あらゆる環境要因の変化に曝されながらも、常に一定の状態を保っています。「温度」も重要な細胞外環境の要素ですが、ヒトをはじめとする恒温動物は、環境の温度に関わらず約37度近辺の温度を保っています。しかしながら、細胞外温度の大きな変化は細胞にとって「ストレス」となります。具体的には、タンパク質の構造が変化してしまうことなどにより、そのタンパク質の正常な機能が失われ、細胞が障害を受けることがあります。これまで、低温ストレスが負荷された際の細胞内の変化についての知見はあまりありませんでした。
 
<研究の詳細>
 本研究グループはASK1という分子に注目して研究を始め、ASK1–p38というシグナル伝達経路が低温ストレスによって活性化されることを見出しました。
 続いて、低温ストレスがどのような細胞応答を導くかを調べたところ、長時間の低温ストレスが細胞死を導くことを見出すに至りました。メカニズムの違いによって、細胞死はアポトーシスやネクロプトーシスなどに代表される複数の種類に分類されています。各細胞死は、それぞれ特異的な疾患との関連が示唆されていることから、細胞死の分類には意味があるものと考えられます。今回観察された低温ストレス依存的な細胞死についても、詳細なメカニズム解析を行った結果、フェロトーシスという種類の細胞死を導いていることが明らかとなりました。さらには、この低温ストレス依存的なフェロトーシスに対して、ASK1とp38が必要であることが見出されました。そのため、低温ストレスが負荷された細胞内で、ASK1–p38経路が活性化され、その結果、フェロトーシスが導かれると言えます。
 フェロトーシスは比較的新しい種類の細胞死であり、その分子メカニズムに関しては不明な部分が多く残されていました。そこで、本研究においては、低温ストレス以外のフェロトーシス誘導剤を用いた検討も行っています。その結果、低温ストレス以外のフェロトーシス誘導剤による細胞死に対しても、ASK1およびp38が一部関与していることが見出されました。このことから、ASK1–p38経路が新たなフェロトーシス制御因子として提唱されました。
 
<社会的意義・今後の期待>
 低温ストレスが細胞に長時間負荷される状況は、通常考えにくいかと思います。しかしながら、臓器移植の際の臓器保存という状況においては、長時間の低温ストレスが負荷されます。さらには、この長時間の低温ストレスが臓器障害の原因のひとつであると考えられています。そのため、本研究の成果が臓器保存液の改良に貢献する可能性が考えられます。また、急性腎障害などをはじめとする、各種フェロトーシス関連疾患の新規治療薬創生への貢献も期待されます。
 
雑誌: EMBO Reports
題目: Cold stress-induced ferroptosis involves the ASK1-p38 pathway
著者: Kazuki Hattori, Hiroyuki Ishikawa, Chihiro Sakauchi, Saki Takayanagi, Isao Naguro, Hidenori Ichijo
DOI番号: 10.15252/embr.201744228
アブストラクトURL : http://embor.embopress.org/content/early/2017/09/08/embr.201744228
 


前の記事へ 次の記事へ

2015/08/26 (Wed) 岡崎朋彦助教、後藤由季子教授らが、ウイルスに感染した細胞が死ぬか生きるかを決める仕組みを発見
2015/08/18 (Tue) 有機合成化学教室の井田悠大学院生、西光海研究員、國信洋一郎ERATOグループリーダー(准教授相当)、金井求教授らが、置換困難な位置に選択的に官能基を導入する触媒反応を開発
2015/08/01 (Sat) 有機合成化学教室の博士課程3年生の山本久美子が「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を受賞
2015/06/24 (Wed) 大手友貴大学院生、村田茂穂教授らが、有用キラーT細胞を「正の選択」する自己ペプチドを解明
2015/05/30 (Sat) 有機合成化学教室の森田雄也大学院生、清水洋平助教、金井求教授らが、カルボン酸を目印に炭素骨格を伸長する触媒を開発
2015/04/09 (Thu) 薬品作用学の池谷裕二教授、乗本裕明大学院生が、微小脳チップで新感覚を創ることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、ホタルの光で生理活性分子を高感度に捕らえることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発
2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
2015/02/14 (Sat) 李尚憲大学院生、田口友彦准教授、新井洋由教授らが、脂質二重膜におけるリン脂質(ホスファチジルセリン)の非対称性分布の意義を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP