ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/04/11 (Tue)

蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授が、平成29年度科学技術分野の文部 科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞

本研究科の大戸梅治准教授(蛋白構造生物学教室)が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞しました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1384228.htm
本賞は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としたものです

今回対象となった研究課題は、「自然免疫系Toll様受容体に関する構造生物学研究」す。微生物などの病原体の生体への侵入はToll様受容体(TLR)により感知され、炎症応答、抗ウイルス応答、獲得免疫の活性化などを誘導します。TLRは様々な疾患と関係しており、様々な病気の治療薬のターゲットとして注目されているが、TLRによるリガンド認識機構は不明な点が多く残っていました。氏は、細菌のエンドトキシンを認識するTLR4/MD-2受容体、ウイルスや細菌由来の核酸を認識するTLR7、TLR8、TLR9受容体に関して、世界に先駆けてこれらの受容体によるリガンド認識機構や活性化機構をX線結晶構造解析により明らかにしました。本研究成果は、これらTLR研究の構造基盤を与え、TLRをターゲットとした薬剤の開発に大いに貢献すると期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
2014/08/05 (Tue) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが自然に明滅する蛍光色素の開発と超解像蛍光イメージングへの応用に成功
2014/07/30 (Wed) 分子薬物動態学教室の林久允助教、直井壯太朗大学院生、楠原洋之教授らが、こどもの肝臓病に有効な薬剤を発見
2014/07/24 (Thu) 竹尾浩史元大学院生、岩坪威教授、富田泰輔教授らが、アルツハイマー症治療薬候補γセクレターゼ修飾薬の作動原理を解明
2014/07/02 (Wed) 千原崇裕准教授、三浦正幸教授らが、老いた個体の行動を左右する嗅覚神経の細胞死を同定
2014/06/30 (Mon) 天然物化学教室の脇本敏幸准教授、江上蓉子特任研究員、阿部郁朗教授らのグループが海綿動物由来細胞毒性物質の生合成遺伝子および生産菌の同定に成功
2014/05/19 (Mon) 分子生物学教室の後藤由季子教授が第22回木原記念財団学術賞を受賞
2014/05/12 (Mon) 基礎有機化学教室の内山 真伸教授、巳上 幸一郎 JSPS 特別研究員らのグループが、ホウ素カチオンの創製に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP