ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/08/21 (Mon)

生理化学教室の齋藤康太助教が平成29年度日本生化学会奨励賞を受賞

本研究科の齋藤康太助教(生理化学教室)が平成29年度日本生化学会奨励賞を受賞しました。日本生化学会奨励賞は3年以上継続して日本生化学会会員である、生化学の進歩に寄与する顕著な研究を発表し、将来の発展を期待しうる、満40歳未満の研究者を対象とする賞です。授賞式および受賞講演は第90回日本生化学会大会(神戸)にて行われる予定です。
今回対象となった研究課題は、「高等真核生物に特有な分泌機構全般の解明」です。この研究では、巨大分子であるコラーゲンの分泌に必要な複合体(cTAGE5/TANGO1/Sec12)を新たに同定し、高等真核生物に特有な分泌機構を明らかにしました。これらの成果は、肝線維化や高脂血症などの疾病の理解と治療法の開発に貢献するものです。
 


前の記事へ 次の記事へ

2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
2014/08/05 (Tue) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが自然に明滅する蛍光色素の開発と超解像蛍光イメージングへの応用に成功
2014/07/30 (Wed) 分子薬物動態学教室の林久允助教、直井壯太朗大学院生、楠原洋之教授らが、こどもの肝臓病に有効な薬剤を発見
2014/07/24 (Thu) 竹尾浩史元大学院生、岩坪威教授、富田泰輔教授らが、アルツハイマー症治療薬候補γセクレターゼ修飾薬の作動原理を解明
2014/07/02 (Wed) 千原崇裕准教授、三浦正幸教授らが、老いた個体の行動を左右する嗅覚神経の細胞死を同定
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP