ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/04/11 (Tue)

蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授が、平成29年度科学技術分野の文部 科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞

本研究科の大戸梅治准教授(蛋白構造生物学教室)が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞しました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1384228.htm
本賞は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としたものです

今回対象となった研究課題は、「自然免疫系Toll様受容体に関する構造生物学研究」す。微生物などの病原体の生体への侵入はToll様受容体(TLR)により感知され、炎症応答、抗ウイルス応答、獲得免疫の活性化などを誘導します。TLRは様々な疾患と関係しており、様々な病気の治療薬のターゲットとして注目されているが、TLRによるリガンド認識機構は不明な点が多く残っていました。氏は、細菌のエンドトキシンを認識するTLR4/MD-2受容体、ウイルスや細菌由来の核酸を認識するTLR7、TLR8、TLR9受容体に関して、世界に先駆けてこれらの受容体によるリガンド認識機構や活性化機構をX線結晶構造解析により明らかにしました。本研究成果は、これらTLR研究の構造基盤を与え、TLRをターゲットとした薬剤の開発に大いに貢献すると期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2014/05/09 (Fri) モサラネジャッド健太元大学院生、関根悠介元助教、一條秀憲教授らが、ウイルス感染応答を制御する新たな分子メカニズムを解明
2014/04/22 (Tue) 小幡史明特任助教、三浦正幸教授らが局所的なネクローシス細胞が全身性の炎症応答と代謝異常を引き起こすことを発見
2014/04/19 (Sat) 前田和哉講師が2014年度ISSX Asia Pacific New Investigator Awardを受賞
2014/04/09 (Wed) 内山真伸教授らが折り畳み・曲げ伸ばし可能な有機半導体メモリーの創製に成功
2014/03/17 (Mon) 池谷裕二准教授らが記憶の脳回路痕跡を発見
2014/03/15 (Sat) 西田友明研究員、井田悠大学院生、國信洋一郎ERATOプロジェクトグループリーダー(准教授相当)、金井求教授が位置選択的な新規トリフルオロメチル化反応を開発
2014/03/03 (Mon) 金津邦彦大学院生、岩坪威教授、富田泰輔准教授らがアルツハイマー病発症予防因子CALMの機能を解明
2014/03/01 (Sat) 垣内 力准教授が平成26年日本細菌学会 小林六造記念賞を受賞
2014/02/24 (Mon) 今村亮俊大学院生、関水和久教授、および秋光信佳准教授(アイソトープ総合セン ター、薬学系研究科兼担教員)らがウイルスと戦うための新たな自然免疫の仕組みを発見
2014/01/30 (Thu) 内山 真伸教授が2013年度有機合成化学協会「日産化学・有機合成新反応/手法賞」 を受賞
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP