ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/08/16 (Wed)

「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-

新潟大学大学院医歯学総合研究科・超域学術院の日比野 浩 教授および緒方 元気 助教らと慶應義塾大学理工学部の栄長 泰明 教授らの合同研究チームは、針状の「ダイヤモンド電極センサー」を用いた薬物モニターシステムを開発しました。そして、東京大学大学院薬学系研究科の楠原 洋之 教授、同工学系研究科の高井 まどか 教授のチームと共に、生きた動物の脳や内耳において、極めて狭い空間(1ミリ以下)でのさまざまな「薬」の振る舞いとその作用を、リアルタイム計測することに世界で初めて成功しました。この成果は、8月10日に科学雑誌Nature Biomedical Engineering(2017年1月創刊:採択率6%以下)のオンライン版に掲載されています。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201708101437411261455779_107749.pdf
Nature Biomedical Engineering:https://www.nature.com/articles/s41551-017-0118-5
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST):http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170810/
日本経済新聞社:http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP453490_X00C17A8000000/
 


前の記事へ 次の記事へ

2014/03/01 (Sat) 垣内 力准教授が平成26年日本細菌学会 小林六造記念賞を受賞
2014/02/24 (Mon) 今村亮俊大学院生、関水和久教授、および秋光信佳准教授(アイソトープ総合セン ター、薬学系研究科兼担教員)らがウイルスと戦うための新たな自然免疫の仕組みを発見
2014/01/30 (Thu) 内山 真伸教授が2013年度有機合成化学協会「日産化学・有機合成新反応/手法賞」 を受賞
2014/01/29 (Wed) 丸山剛元特任研究員、松沢厚特任准教授、一條秀憲教授らが、細胞死や免疫応答を調節する新たな分子メカニズムを発見
2014/01/17 (Fri) 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が第30回井上学術賞を受賞。
2014/01/17 (Fri) 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が平成26年度安田記念医学賞を受賞。
2014/01/15 (Wed) 野々村恵子元特任研究員、山口良文助教、三浦正幸教授らが脳の発生初期におけるアポトーシスの新たな役割を発見
2013/12/10 (Tue) 林 久允助教が平成26年度日本薬学会奨励賞を受賞。
2013/12/10 (Tue) 林 久允助教が平成25年度アステラス病態代謝研究会最優秀理事長賞を受賞。
2013/10/03 (Thu) 井上将行教授が2014年度Mukaiyama Awardを受賞。
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP